トレンドブログで内部リンクを仕込んだ時のピンバックを無くす方法

2014-09-02_161435

こんにちは、けんです。

wordpressでトレンドブログを運営していて、滞在時間を伸ばそうと
関連記事のURLを記事内に仕込んでいると管理画面でコメントが付いた!
と思って、見てみると自分の内部リンクだった・・・ということはありませんか?

これっていちいちピンバックが来ると相当ウザイと思うのですが、
あるプラグインを入れることで解消することができます。

 

No Self Pingsをインストールする

その方法は至って簡単なのですが、wordpressのプラグインで
No Self Pings』というプラグインをインストールして
設定することで解消することができます。

wordpressは初期設定でピンバックが有効になっているため、
その機能を解除することで自分自身が仕込んだ内部リンクによる
ピンバックを解消することができます。

No Self Pings』の設定自体は非常に簡単ですので
サクサクと説明していきますね。

 

No Self Pingsのインストール、設定方法

まずはwordpressの管理画面の【プラグイン】⇒【新規追加】から
No Self Pings』と検索窓に打ち込んでインストールします。

2014 09 02 161013 トレンドブログで内部リンクを仕込んだ時のピンバックを無くす方法

ちなみに僕は既にこのプラグインを入れているためこのように表示されますが、
まだ入れていない方は、インストールしてください。

あとはインストールしたら【有効化】をクリックして終了です。

 

今までピンバックされた記事については

No Self Pings』を設定することによって解消されるわけではないので、
1記事ずつ解除していく必要があります。

プラグインを導入したらこれからのことには効力が働きますが、
過去のものに関しては効力が効きませんので注意してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>