【2014年最新】Google XML SitemapsでSEO対策!設定や使い方

公開日: 2014年09月07日

2014-09-07_101450

Google XML Sitemapsを利用することでGoogleとBingの検索エンジンに対して
XMLサイトマップを自動送信することができます。

検索エンジンに対してサイトマップを送信することで、あなたのWEBサイトの
更新をいち早く知らせることができるため、サイトやブログ運営をしていくにあたり
非常に重要な機能となります。

今回はその機能を自動で作動してくれる非常に便利なプラグインである
Google XML Sitemapsの設定や使い方についてまとめておきました。

サイトマップを作成するメリットと意味は?

通常、サイトマップと聞くとユーザーにサイト内をわかりやすく見てもらう為の
”目次”的なものであるという印象がありますが、実は検索エンジンに対しても
サイトマップを送るという行為が重要になってきます。

もちろん、あなたのサイトに訪問したユーザーがサイト内をわかりやすく見る為の
サイトマップは必要になってきますが、検索エンジンにサイトマップを送信することで、
検索エンジンがあなたのWEBサイトの更新をいち早く知ることができるためクロール処理が早くなります。

クロール処理が早くなるということは、それだけ検索エンジンに露出する回数が増えるので
結果的にアクセスが流入する確率や回数が増えるという仕組みですね。

 

Google XML Sitemapsの設定方法と使い方

まずは【プラグイン】⇒【新規追加】から検索窓の中に
【Google XML Sitemaps】と打ち込んでインストールします。

2014 09 07 102841 【2014年最新】Google XML SitemapsでSEO対策!設定や使い方

次に設定へと進んでいくのですが、
【設定】⇒【XML Sitemap】をクリックします。

2014 09 07 105255 【2014年最新】Google XML SitemapsでSEO対策!設定や使い方

『The URL to your sitemap index file is:』の後に表示されているURLをコピーして
Googleウェブマスターツールにサイトマップ登録を行っていきます。

では早速Googleウェブマスターツールを開いてください。

2014 09 07 105116 【2014年最新】Google XML SitemapsでSEO対策!設定や使い方

開くとこのように赤枠の中にサイトマップというボタンがありますのでクリックします。

2014 09 07 105128 【2014年最新】Google XML SitemapsでSEO対策!設定や使い方

すると、次はこの赤いアイコンが表示されますので、
クリックして先ほどコピーしたURLを張り付ければOKです。

 

まとめ

ウェブマスターツールにサイトマップを送るという作業は、WEBサイトを健全に
運営していく上で必要となってきますのでwordpressを立ち上げた場合は
必ず設定するようにしてくださいね。

今日もご訪問していただきありがとうございます。

今回の記事が参考になっていただけたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

ken
*メールアドレス
*お名前(姓)

“【2014年最新】Google XML SitemapsでSEO対策!設定や使い方” への2件のフィードバック

  1. Johna357 より:

    I really appreciate this post. I’ve been looking all over for this! Thank goodness I found it on Bing. You’ve made my day! Thanks again! ecdceekkdbad

    • freedomken01 より:

      I’m happy very Itadake to say so! Please, visit and also, so we will summarize the useful information in the future!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ