日本一 トレンドアフィリエイトのネタ探し場所をまとめた記事

スクリーンショット 2015-07-13 23.20.45

こんにちは、けんです。

トレンドアフィリエイトといえばネタによって得られるアクセスの数が大きく変わってくるのですが、今回はトレンドアフィリエイトのネタ探しに困っているあなたの為にネタ選定を思いつく限り書いてみることにしました。

 

トレンドネタはどこからでも見つけられる

おそらく、この記事を読んでいる人は何らかの情報商材を購入してトレンドアフィリエイトを始めた人がほとんどでしょう。

それであれば、その商材に書かれてあるネタ探し場所を利用したことがあるとは思いますが、おそらくライバルの数に驚いて口が塞がらなかったと思います。

商材ベースで確認できるだけでもトレンドアフィリエイト実践者は1万人を超えます。

その中でも継続している人は一部の人しかいないと考えても、それなりの人数が取り組んでいるとなると、かなりのライバルがいることが予想できるでしょう。

そういったライバルが多い中で稼ぐためには、ライバルが狙っていないネタを探す癖を付けていく必要があります。

 

速報系で役立つトレンドネタ

Yahoo!ニュース

Yahoo!ニュース

鉄板ですが、やはりライバルがいようがいまいが使える場所でもあります。

僕もYahoo!ニュースで取り上げられているニュースネタから何度もアクセスの爆発を起こしましたし、昔に変わらず今でもアクセスを大量に集めることができます。

ただし、ライバルが多いのでリサーチは必ず必要になります。

 

Yahoo!急上昇ワード

Yahoo!急上昇ワード

こちらもトレンドネタを見つけるには非常に重宝する場所です。

基本的に速報ネタを見つける場所でもありますが、未来予測ネタを仕掛ける人達もここで色々と学ぶ癖を付けておくと良いと思います。

意外と気付かなかったところからアクセスを集めているネタを発見することもできますので、チェックしておきたいサイトです。

 

Yahoo!テレビ番組表

Yahoo!テレビ番組表

こちらでは未来の仕込みネタをたくさん拾うことができます。

特徴としては実際にネタとなるキーワードを調べてみると、ライバルが群がっているキーワードとライバルが全く存在しないキーワードに分かれます。

いかにライバルが少なくてアクセスが集まるキーワードを探すことができるかが肝となりますので、色々と試してみるようにしてください。

 

ついっぷるトレンド

ついっぷるトレンド

こちらはTwitter上で話題になっているネタを仕入れることができます。

アニメやゲームのトレンドブログを運営している人であれば、何度もこちらでお世話になったことがあるのではないでしょうか。

 

産経ニュース

産経ニュース

こちらでは時事ネタ、流行り物ネタ、地方ネタなどなど幅広くネタを拾うことができます。

まだブログが弱い時にはこちらでニッチなトレンドキーワードを拾うこともできますのでオススメです。

 

2chのまとめ

2chまとめのまとめ

2chは芸能、スポーツ、時事ネタ、アニメ、ゲームとあらゆるジャンルに対して早いのが特徴です。

また、日常的に使えるような、将来ロングレンジとなるネタもいきなり出てくるのでチェックしておくと良いでしょう。

 

雑誌のFujisan

雑誌のFujisan

季節ネタを利用して稼いでいる人であればこちらは結構役立ちます。

ファッション、生活関係、旅行や漫画などなどとにかく沢山の雑誌を立ち読みできるサイトです。

実際に雑誌では見出しから流行のキーワードを拾うことができますので、ここでさっと拾って記事にしてしまいましょう。

 

ローチケ

ローチケ

もし、あなたがミュージシャンや特定のグループの特化ブログなどを運営しているのであれば、こちらのローチケは非常に役に立ちます。

各コンサートの情報やチケット情報を手に入れることができますので、上手に活用するようにしてみましょう。

また、コンサート情報などはライバルが少なく、かつアクセスを呼び込める穴場ネタだったりします。

 

仕込みネタ系で役立つトレンドネタ

Yahoo!イベントカレンダー

Yahoo!イベントカレンダー

季節系のネタといえばYahoo!イベントカレンダーですが、今ではかなりライバルが多いので狙い方を工夫しなければ難しいです。

まだブログが弱い人であれば、かなりニッチなところから狙っていくと良いですね。

 

公式ラーニングポータル

公式ラーニングポータル

Yahoo!が提供しているキーワード参考サイトです。

ここで拾えるキーワードはとても参考になる一方、ライバルが多いという印象です。

もちろん、ブログが強くなれば良いのですが、まだ弱い時であればちょっとした工夫が必要になってきます。

 

全国イベントバンク

全国イベントバンク

こちらはYahoo!イベントカレンダーとは違ったイベント情報を仕入れることができます。

できるだけ、イベントカレンダーとは違うイベント情報を調べてみるようにしてみてください。

すると、ひょっとしたところで意外なキーワードを見つけられるかもしれませんよ。

 

okwave

okwave

okwaveは月間4,000万人が利用しているQ&Aサイトです。

トレンド以外でもロングレンジキーワードとなるようなネタを仕入れることができますし、他のサイトでは見つけることができないようなキーワードを拾うことができますので、随時チェックをしておくことをお勧めします。

 

Yahoo!知恵袋

Yahoo!知恵袋

Yahoo!知恵服も基本的にはokwaveと同じような使い方でOKです。

ただ、掲載されている質問はそれぞれのサイトで違いますので、どちらもチェックをしておくと良いです。

 

予約TOP10

予約TOP10

ゲーム系のネタでトレンドアフィリエイトを運営している人であれば、こちらは欠かせない情報源の一つですね。

これから登場するゲームの情報を前もって知ることができますので先に記事を仕込んでおくと良いでしょう。

 

アプリゲット

アプリゲット

こちらは無料のアプリゲームからPS系、DS系などなど新作ゲームの情報が非常に早い速度で更新されています。

意外とニッチでアクセスを集めやすいゲームネタも登場するので、必ずチェックしておきたいサイトです。

 

集英社マンガネット

集英社マンガネット

こちらでは新作漫画の情報を一気に調べることができます。

また、試し読みなどもすることができますので簡単なあらすじを書いたりとか、内容について調べることもできます。

非常にライバルが少ないところですので、参入しやすいジャンルではあります。

 

コミックシーモア

コミックシーモア

こちらも漫画の情報を調べることができる総合サイトです。

基本的にマンガネタを仕入れる時は集英社とこちらのコミックシーモアくらいで十分です。

 

上級者用お役立ちサイト

こちらでは速報系でも未来仕込み系でもライバルと差を付けて、アクセスを上手に集めたい人が利用するお役立ちサイトです。

連想キーワード検索renso

連想キーワード検索renso

連想キーワードって考えてもなかなか思い浮かばなかったりします。

そこで役立つのがこちらの連想キーワード検索rensoです。

こちらに連想したいキーワードを入れることで、ざっくりとした連想キーワードが表示されるようになります。

そこで表示されたキーワードをヒントにして、ネタ選定やキーワード選定に役立てるようにしてみてください。

 

まとめ

今回はネット上からのネタ収集ができるサイトをご紹介しましたが、オフラインでのネタ収集を含めると数え切れないほどのネタ集め場所があります。

トレンドアフィリエイトはネタ集めできる場所をどれだけ知っているかによっても、有利に進められるかが変わってきますので是非色んなネタ探し場所を知っておくと良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>