Ultimate Nofollowで外部サイトへSEOパワーを漏らさない方法

2014-09-06_145758

ブログ記事を書いている時に、他のサイトを見て欲しい時などは
記事の中に外部サイトのリンクを貼って誘導するときもありますが、
この時に『nofollowタグ』を付けなければあなたのサイトのSEOパワーが
対象の外部サイトへ持って行かれます。

ですが、毎回【テキストモード】に切り替えてnofollowタグを
入れるというのもかなりの手間ですよね。

そこでwordpressの投稿画面でワンタッチでnofollowタグをリンクに貼ることが
できるようになるプラグインがありますので、設定方法と使い方をまとめました。

Ultimate Nofollowを導入するメリット

意外に知らないと後になって大変になるのがnofollowについてですが、
外部サイトへのリンクを何気なく付けているとあなたのサイトのSEOパワーを
掲載した外部サイトへ流してしまうことになります。

それだけではなく、Googleのクローラーの巡回にも影響が出てくるので
信頼できない外部サイトへのリンクを貼る時にはnofollowは必須です。

ユーザーの為を思って外部リンクを見させるようにするのはいいですが、
あなたのブログの評価が落ちてしまっては本末転倒ですからね。

 

Ultimate Nofollowの設定方法と使い方

まずは【プラグイン】⇒【新規追加】から検索窓の中に
【Ultimate Nofollow】と打ち込んでインストールします。

2014 09 06 144353 Ultimate Nofollowで外部サイトへSEOパワーを漏らさない方法

 

インストールをして有効化をクリックすると、投稿画面のリンクを入れるところで
こういう表示がされるようになります。

2014 09 06 144648 Ultimate Nofollowで外部サイトへSEOパワーを漏らさない方法

この赤枠のチェックボックスにチェックを入れることによって、
対象のリンクに対してnofollowタグを設置することができます。

※ここでおさらいですが、外部リンクは新しいウィンドウ、内部リンクは同一ウィンドウにしましょう。

 

Ultimate Nofollowの設定画面について

Ultimate Nofollowの設定画面を表示すると、このような表示がありますが、
これら2つについて解説していきます。

2014 09 06 144923 Ultimate Nofollowで外部サイトへSEOパワーを漏らさない方法

・Nofollow all links in comments?

ここにチェックが入ることでコメントに表示されているリンクに
nofollowタグを付けることができます。

ブログを運営していると、他のブロガーなどからコメントが入る場合がありますが
コメントにnofollowタグを設置しないでコメントを承認すると、
コメントを入れたブログサイトへSEOパワーを分けることになります。

ここはチェックを入れておくと良いです。

 

・Nofollow all blogroll links?

ここにチェックを入れると他のウェブサイトへのリンク全てに
nofollowタグの効果が出てしまいます。

基本的には非推奨です。
任意でnofollowタグを設置するようにしたほうがいいので、
ここのチェックボックスはそのままにしておきましょう。

 

まとめ

nofollowタグについて知らずに外部リンクを多く設置してきた場合は、
面倒かもしれませんが、過去に遡ってnofollowタグを付けたほうがいいかもしれません。

せっかく頑張って記事を書いてきたブログのSEOパワーを
他サイトへ流入させてしまうことになりますので、
定期的なチェックを心がけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>