就活で本気で転勤したくないけど稼ぎたい人が取るべき3つの方法

公開日: 2014年10月04日
最終更新日: 2015年07月08日

2014-10-04_191338

良い給料をもらいたいけど転勤して地方に行くのはヤダ。
でも、働いて稼ぐ為には背に腹は代えられない。

そんな思いで転勤アリの起業で働くべきか、地元の会社に努めて地域密着型でこじんまりと仕事を続けていくか。そういった葛藤ってありますよね。

こちらでは僕自身が今までに経験をした中で感じたことをまとめていきますので是非、今後の活動の参考にしてみてください。

 

転勤してでも得られる将来をイメージして突き進む

どの会社に勤めても、どの会社の説明会でも言われることというのは、

『転勤は自分の為になるぞ。』『転勤したほうが昇格しやすい。』

といったセリフではないでしょうか。

 

これは確かに僕自身もそうだとは思いますが、結局のところあなたにとって求める生活がその会社を続けることによって、将来的に手に入れることができるのか?

ということが一番のポイントだと思います。

会社に就職して働く人の目的って人それぞれですよね。

安定した生活を得ることができそうだから入社した

この会社に入って得られるスキルがあると思ったから入社した

単純に給料が良いと思ったから入社した

ここしか採用されなかったから入社した

知り合いのコネで入社した

 

などなどですね。

僕の場合はこちらの記事でも書かれているように、転勤することが難しいという状況になってしまったため、転勤して会社を続けることを辞めて自分でビジネスをして独立することを選びました。

もしも、あなたが今の会社で得られるものが明確であったり、続けていく必要性があるということではないのであれば何も無理して転勤をする必要は無いと思います。

結局のところ、転勤して使い物にならない社員に関しては、とりあえず人材が不足している地域の人数合わせ的な感じでうまいように利用されているものですからね。

 

仕事を掛け持ちして収入を増やしていく

では転勤を選ばずに会社の出世コースから離れて生活していくにしても、あなたが理想とするような収入を得ることができなければそれはそれで辛いですよね。

辛いというよりかは、何時まで経ってもあなたが求める生活を手に入れることなくただただ時間が過ぎ去っていくものです。

そこで収入を増やす為に何か仕事を掛け持ちしてみよう!と、頑張る人もいるのですが、それだとどうしても時間が無くなります。

得られるお金は本業の仕事以外にも入ってきますので、蓄えは増えますがその代わりに時間を使いますので、自分の時間が一向に増えていきません。

これだと、何時まで経っても自分の時間を売り続けるような方法でしか生きていくことができない生活になってしまいます。

僕はこの方法は絶対に推奨しないですね。

 

自分のビジネスを開始してキャッシュポイントを設立する

ではどうすれば良いのか?ということですが、最も合理的なのは自分のビジネスを立ち上げて仕組化して、本業以外の収益源を作り上げるということです。

もちろん、この方法だと仕事を掛け持ちするよりも得られる収入の即金性は無いのですが、ビジネスが安定していくと後から自分の時間とお金の両方を手に入れることができます。

『会社では副業禁止だから~』と言っているうちは、ビジネスで成功することが難しいものだと思っていただいても結構ですし、会社の上司やサラリーマン気質の人は、『副業をしながら仕事が出来る人は見たことがない』なんてことも言います。

ですが、ここでしっかりと理解していただきたいことというのは、
ビジネスのアドバイスはビジネスで成功している人から聞く
ということです。

もちろん、会社で上を目指すのであれば会社の上司や先輩から教わればいいですがビジネスで結果を出そうと思うのであれば、ビジネスで成功している人からアドバイスを聞いたほうが最も効率的に成果を上げることができます。

ということは、会社員の人とビジネスについての話を居酒屋で話ししているのは全くもって意味がない会話というか、ネガティブイメージばかりが脳裏に焼き付きます。

そんな時間があれば、とにかく自分でビジネスして飯を食っている人と
何でもいいのでお話をしたほうがいいです。

 

まとめ

転勤したくないけど、会社で昇格して給料を上げる並に稼ぐ為には自分のビジネスを展開していくことが重要だということをお話しました。

会社に依存しない、バイト先からの収入に依存しないで生活するというのは非常に変なストレスが無くて快適です。というのも、人間関係の無駄なストレスを味わうことなく仕事ができますので。

今日もご訪問していただきありがとうございます。

今回の記事が参考になっていただけたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

ken
*メールアドレス
*お名前(姓)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ