稼げるステップメールの書き方を無料で丁寧に公開

スクリーンショット 2015-06-09 11.03.14

情報発信で自動化だ!」と目指す人にとって、避けては通れない道というのがステップメールの仕組み作りです。

もし、あなたが勝手に放置しても売れ続けるステップメールを作りたいけど、具体的な書き方がわからない。イメージができないというような悩みをお持ちであれば、この記事を最後までお読みください。

完全にほったらかしで稼ぎ続けるステップメールの書き方を1通毎に丁寧に解説していきますので。

ステップメールの目的とは?

まず、ステップメールの書き方を説明する前にお伝えしておきたいことがあるのですが、ステップメールとはそもそも何のために作り上げる仕組みなのでしょうか。

役立つ情報を順序立てて公開するため?

商品を勝手にセールスし続けるため?

最も重要なこととしては、あなたと読者の価値観の共有(教育)が目的です。

もちろん、ステップメールシナリオの中に商品のオファーをするメールを組み込んでセールスもします。それが結果的に自動化収入へとつながるでしょう。

でも、それよりも重要なことというのが価値観の共有なのです。

あなたが発信するメルマガの価値観に共感してくれた読者を抱えておくことによって、あなたがこれからメルマガ読者に向けて発信する情報というのは高い確率で読まれるようになります。

しっかりと読まれるメルマガになるということは、そこで新商品の告知をした場合、商品を一気に売り上げることができるようになります。

ですが、価値観の共有を意識せずに作ったステップメールというのは、読者が去ってしまう可能性があります。

何故ならば、読者からすると「この人のメルマガを読み続ける必要がない。」と思われてしまうからです。

 

僕が考えるステップメールの流れとは

ということで、実際にステップメールを書き方がわからない方の為に、7通シナリオパターンのステップメールシナリオ作成法をご紹介します。

 

登録直後:どんな情報を送るメルマガなのかを丁寧に

1通目:読者に興味を惹かせる

2通目:価値観の共有・教育

3通目:読者が求めている未来の提示

4通目:最も重要なことについて丁寧に

5通目:投資の重要性について

6通目:行動の重要性&商品告知

7通目:商品オファー

8通目:Q&A

9通目:商品を購入した人としていない人の末路について

 

おおまかに説明するとステップメールシナリオの作り方はこんな流れです。

詳しい詳細については、こちらの”爆発の教科書・安定の教科書”にて説明しておりますが、ステップメールというのは一度作っておくだけで自動的にお客と価値観の共有をはかり、適した商品をセールスすることができます。

 

”学ぶ”というより”参加する”という意識

僕はステップメールについては書き手と読み手という、まるで本屋に並んでいるような書籍を出版する人と、その書籍を読む人といった関係で終わらせるのは非常に勿体ないと思っています。

メールというのは返信することもできますし、そこからブログやYouTube等の他の媒体へ飛ばすこともできます。

そこで価値あるコンテンツを提供することで、メールだけでは伝えられない部分を読み手に伝えることもできれば、読み手が腑に落ちないポイントをメールに返信してもらうことによって、更に読み手にとって価値あるコンテンツを届けることができるようにもなります。

そういったことを考えると、ステップメールひとつとっても色々な工夫をすることができるとは思いませんか?

読み手が満足する為の工夫を仕組化させることこそが、稼げるステップメール作りには必要不可欠だと僕は思っています。

 

とにかく、色んなメルマガを実際に読んでみる

そのためには、まずはあなた自身がどんなメルマガに興味を持ち、価値を感じているのか?ということをしっかりと理解しておく必要があります。

それをどのようにして理解すれば良いのかというと、やはり実際に多くのメルマガに登録して分析することが一番てっとり早いでしょう。

このメルマガは何を考えて作られたのか?

このメルマガを読む人はどんな人が多いのか?

このメルマガで価値を感じる人はどんな人なのか?

そういったことを意識しながら読むと、メルマガを書いて仕掛ける側の視点に立って物事を捉えることができますので、ぜひとも継続してやるべきだと思っています。

もちろん、自分が意図的に分析をしながら読むのも重要ですが、最も学ぶべきポイントとしては、気付いたら次のメルマガをグイグイと読み進めてしまっているようなメルマガを参考にすると良いですね。

必ず要所要所で色んなテクニックが隠されているはずですので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>