情報商材を感謝されながら売る為の具体的な方法

スクリーンショット 2015-06-07 16.09.01

情報商材といえば、「詐欺くさい」、「怪しい」、「そんなに上手い話がない」などと、基本的にはネガティブな印象が強い傾向にあります。

一般的には情報商材は売りにくいという印象を持たれているケースが多いです。

では、情報商材は売りにくいのか?というとそんなことはありません。

その理由と売るために必要なポイントについて詳しく解説していきます。

初めて情報商材を売りはじめて1年目の成果

果たして、本当に情報商材は売ることが難しいのでしょうか?

僕自身、実際に情報商材をはじめて売るようになってから1年目でこれくらいの金額を売り上げました。

0136788423f0c06a25817affcfb8c246 600x113 情報商材を感謝されながら売る為の具体的な方法

 

情報商材アフィリエイトの業界から見ても、僕の実績というのは凄い方ではないです。

中には1年目で1,000万円以上を売り上げたり、それ以上の金額を売り上げる人だってたくさん存在します。

ただ、僕の場合は大手ASPのインフォトップで取り扱われている情報商材ではなく、この金額の全ては自分自身が独自で作成した商材のみで562万円を1年目で売り上げました。

基本的に情報商材は商材名キーワードで集まったアクセスが最も成約率が高いのですが、僕の場合は認知されていない自分の商材を独自の切り口で販売を行ってきました。

 

誰に、何を、どのように売るか?

僕自身も今までに情報商材を購入してきた経験もありますし、その購入した商材によって思うような成果を得ることができなかったケースも多々あります。

しかし、思うような成果を得ることができなかった時というのは、購入した商材が今の自分に必要ではない(合っていない)ケースがほとんどだったのです。

これでは、せっかく稼げる情報商材を購入したとしても結果が出ないのは当然です。

ただ、それには購入する側にも責任があるのは当然のことですが、もちろん販売者側にも責任があります。

誰に”向けて作られている商材なのかということが、商品の販売ページでしっかりと明記されていないことが一つの原因だと僕は思っています。

また、もちろん紹介するアフィリエイターの紹介の仕方にも原因があるケースもあります。

中にはかなり無茶な流れで情報商材を紹介する人だっているでしょう。

そんな流れの中に自分が同じように情報商材を紹介していれば、彼らと同じような人だと思われてしまうのも仕方が無いのかもしれません。

 

なら、自分で商材を作ってしまえばいい。

という結論に僕は行き着きました。

情報商材アフィリエイトで稼ぐための鉄則として、”売れている商品を紹介しろ”というものがあります。

もちろん、この鉄則は情報商材に限らず物販でも同じことが言われています。

ただ、僕の考え方としては、自分が実際に結果を出した方法じゃなければ本気で紹介することはできない。という想いがありました。

だからこそ、僕は実際に今までに僕自身が結果を出してきたトレンドアフィリエイトのノウハウだったり、情報発信の流れをまとめたものを商材として販売することにしました。

そうすることで、自分が実際に結果を出してきた方法をお客に提供するわけですから、自信を持って自分の商品を勧めることができますし、購入者から何を聞かれても的確に回答することができます。

また、商品自体は自分が作っているわけですから、その商品を購入したいと思っている人はどんな人で、どんな切り口で紹介すれば欲しいと思ってもらえるのか?ということも全て把握した上で販売ができるわけです。

 

”木を見て森を見ず”とはまさにこのこと

また、それだけではなく自分自身で情報商材を作成して販売することで、ネットビジネスで稼ぐためのスキルを全て身に付けることができます。

・コピーライティング

・マーケティング

・セールス

これら全てのスキルを身に付けることができます。

また、実際に自分で情報商材を作って売れ続けるようになると、これらのスキルというのは所詮、名前ばかりの細かいテクニックであるということも同時で理解できたわけです。

どういうことなのか?というと、コピーライティングもマーケティングもセールスも、商品をお客に魅力的に伝えて売る為の手法という一言で完結します。

結局のところ・・・

この商品の魅力をお客に正しく伝えるためにはどうすれば良いか?

この商品を売れ続ける仕組みをどのように作り上げれば良いか?

この商品をどのような流れで紹介すればお客は購入してくれるか?

ということを突き詰めていった結果というのが、コピーライティングだったりマーケティングだったりセールスなわけです。

 

2014年からの時流を見ても・・・

情報商材というのは以前と比べて活動が活発では無くなった感じです。

インフォトップで紹介されている情報商材をアフィリエイトするよりも、僕のように独自に商品や企画を作り上げて販売をする人たちが増えてきました。

「これは是非、紹介したい!」

という情報商材が新たに登場しないのも、こういったことが理由として挙げられているのかもしれません。

では、そういった現状があるから、「これからは情報商材アフィリエイトは終わった。」と思うのか、それとも「今のうちに自分のブランドを作り上げておこう。」と思うかはあなた次第です。

ひとつ言えることとしては、自分のブランドを作り上げておくと”何かに依存しなければ稼げなくなる”という不安から解放されます。

もしも、あなたがネットビジネスを通じて”自由に安定的な収入基盤を構築する”ということを成し遂げたいと思っているのであれば、身に付けておくと効果的だと僕は考えます。

その為に必要なことはこちらで全て解説しておりますので、もしもあなたが情報発信ビジネスで圧倒的な結果を出したいと思うのであれば、こちらの商材で学んでみてください。

爆発の教科書・安定の教科書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>