トレンドブログで圧倒的に稼ぐ為に必要なプラグイン

公開日: 2015年02月24日
最終更新日: 2015年07月08日

スクリーンショット 2015-02-24 17.09.21

トレンドブログを運営するときに作業の効率化や、PV数増加で役立ってくるのがプラグインですね。

プラグインを上手に活用することで、日々の作業効率を格段に上げて、記事を早く書き上げることもできるし、PV数を大幅に増やすこともできますので、しっかりと準備をするようにしていきましょう。

Akismetでスパムコメントを防止しよう

 

ワードプレスでブログを立ち上げたら、まずはこのプラグインを設定するようにしましょう。

 

 

基本的にワードプレスで立ち上げたブログには、海外のスパムコメントが大量に送られてきますので、こちらのプラグインを設定してスパムコメントの防止をしていきましょう。

 

All in One SEO PackでSEO対策をしよう

 

スパム対策を施したら、次はアクセスを集めやすいようにSEO対策の基本とも言える、All in One SEO Packの設定をしていきましょう。

 

 

All in One SEO Packでは、検索エンジンでアクセスを集めやすくするための細かい設定などをすることができますので、先に設定を済ませておきましょう。

 

Google XML SitemapsでSEO対策

 

次に、ワードプレスにクローラーが周りやすくしるためのプラグインとして、Google XML Sitemapsの設定をしていきます。

 

 

Google XML Sitemapsを設定することで、あなたが作ったワードプレスが検索エンジンに早く見つけてもらいやすくなりますので、最初に設定をしていくと有利に運営を進めることができます。

 

PubSubHubbubでインデックスを早める

 

次に運営したてのブログの弱点である、インデックスの遅さを解消してくれるプラグインのPubSubHubbubを設定していきます。

 

 

 

独自ドメインを新たに取得したてのワードプレスだと、インデックスがかなり遅いのでこちらのプラグインを入れておくとインデックスがかなり早くなります。

必ず初期設定をしておきたいプラグインの一つですね。

 

WordPress Ping Optimizerで無駄なPing送信を抑制する

 

まだブログが育っていない段階のPing送信は非常に効果的なのですが、記事の下書き保存をしたときにも無駄にPing送信されてしまい、あなたのブログに記事を投稿していないのに他のにユーザーに知らせてしまうという誤報が届いてしまいます。

 

 

そこでこちらのWordPress Ping Optimizerを導入することで、まだ記事が完成していない時に無駄にPing送信を送ってしまうということを防ぐことができますので、先に設定しておくと良いでしょう。

 

Broken Link Checkerを設定してリンク切れの管理

 

トレンドブログを運営していると、YouTube動画を差し込んだり別記事を内部リンクで仕込んだりしていくことになります。

 

その時に、リンク切れなどがあるとPV数を下げてしまうことになってしまいますので、リンク切れが無いかどうかをチェックするようにした方がいいですね。

 

 

そこでBroken Link Checkerというプラグインを入れることで、ブログ内にあるリンク切れを定期的にチェックすることができるようになりますので、最初に設定しておくと良いでしょう。

 

AddQuicktagでよく使うHTMLタグの準備をしておく

 

次に作業効率を上げるプラグインのひとつであるAddQuicktagの設定です。

 

 

こちらは普段から記事作成の段階でよく使うHTMLタグをあらかじめ設定しておいて、投稿画面でボタン一つで差し込むことができるプラグインです。

 

非常に作業効率を上げることができるプラグインの一つですので、必ず設定しておきたいプラグインです。

 

Link to Postで内部リンクを簡単に咲き込めるようにする

 

トレンドブログではより多くの記事をユーザーに読んでもらうということが重要になってくるわけですが、その時に役立つプラグインというのが、こちらのLink to Postです。

 

 

こちらのプラグインを設定しておくことで、ワードプレスの記事投稿画面でワンタッチで別記事のリンクを仕込むことができるようになります。

 

Ultimate Nofollowを設定してブログSEOパワーを守る

 

ブログを運営していると、別のウェブサイトをユーザーに見てもらうために外部リンクを入れる場合というのが出てきます。

 

 

そこで、こちらのUltimate Nofollowというプラグインを入れておくことによって、外部サイトへの関与を否定する信号である”Nofollowタグ”をワンタッチで設置することができますので非常に便利です。

 

No Self Pingsで無駄なピンバックを無くす

 

ピンバック機能を無くさない状態で記事の中に内部リンクを設置すると、コメント欄に自分がコメントしたような意味不明なコメントが表示されるようになってしまいます。

 

 

そこで、こちらのNo Self Pingsというプラグインを設置することで、変なコメントが入らないようにすることができますので、設定しておくとブログが綺麗に見えます。

 

アドセンスのクリック率を劇的に高めるプラグイン

 

最後にトレンドブログで重要な要素となる、アドセンスのクリック率を劇的に高めることができるプラグインを紹介します。

 

 

こちらのプラグインを設置することで、moreタグ部分に自動的にアドセンス広告を設置することができるようになりますので、非常に便利なプラグインなので入れておきましょう。

今日もご訪問していただきありがとうございます。

今回の記事が参考になっていただけたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

ken
*メールアドレス
*お名前(姓)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ