メルマガアフィリエイトで挫折しない為の正しい順番

公開日: 2015年06月06日

スクリーンショット 2015-06-06 13.40.08

メルマガアフィリエイトといえば、メール1通で100万円!とか、ほったらかしで毎月数十万円!といった世界を体験することができる、非常に効率的に利益を出す手法です。

ただ、多くの人は取り組む順番が間違っているため、長い年月をかけて作業をしているにも関わらず、目立った収益を出せずに頭を抱えているのも事実です。

その理由とは一体、なんなのか?

今回は、メルマガアフィリエイトで最も合理的に成果をあげるために必要な順番について詳しく解説していきます。

まるでザルに大量の水を流し込むようなものです。

あなたは今までにメルマガアフィリエイトの商材を購入して学んだことはあるでしょうか?

 

僕の元には、

メルマガアフィリエイトを取り組んだことがあったのですが、集客の段階で成果が出ずに挫折してしまいました。

というようなメッセージもよく頂きます。

 

そういった失敗した人たちの傾向を聞いていると、ある一つの答えに行き着きました。

 

それは、”集客からはじめている”ということです。

 

メルマガアフィリエイトというのは、基本的に集客・教育・販売のDRMを基盤として運営をしていきます。

 

なので、最初はまずは集客からはじめよう!と思ってしまいがちなのですが、僕としてはその順番は非常に非効率だと考えています。

 

これは考えてみるとわかると思いますが、例えばあなたがケーキ屋さんをはじめようと思った時に、最初に行うべきことは何でしょうか?

 

ホームページを作ること?

近所へビラをまくこと?

Facebookにメッセージを送りまくること?

 

ケーキを作ること”ですよね?

 

そもそも、商品となるケーキが無ければお客さんが来店しても何も買う商品が無い為、困ってしまいます。

 

また、どんなケーキを置くかによってもターゲットとなる顧客層も変わってくるはずです。

 

和風な感じのケーキを取り扱うのか、女子受けしやすいようなかわいいケーキを置くのか、それとも誕生日やお祝い事の時にりようしてもらうようなケーキを専門で取り扱うのか。

 

それによっても、呼びかける人も変わってきますしビラの中身も変わってきます。

 

まずは自分自身が提供できる価値を認識すること

これこそがメルマガアフィリエイトで早くから結果を出すために最も重要なことです。

 

当たり前のことですが、メルマガを発行するということは、そのメルマガを読む人がいるということです。

 

そのメルマガを読む人が、あなたが発行したメルマガを読むことによって具体的にどういった価値を感じることができるのか?ということが重要となってきます。

 

この部分がフワッとした状態で、集客をしていくら人を集めたところで何も意味はありません。

 

では、何か人に自慢できるような実績が無ければメルマガを発行しても意味が無いのか?というと、それはまた別問題です。

 

詳しくはこちらの記事でも書いてあるのですが、工夫次第によっては実績が無くてもメルマガで結果を出すことは出来ます。

 

 

重要なのは、情報を受け取る人の気持ちに立つということですね。

 

リスト集めは最後でいい。

商品(サービス)があり、その商品を魅力的に感じる人物像を理解し、その為に必要なコンテンツを用意してからはじめてリスト集めです。

 

むしろ、リストを集めなくても価値あるコンテンツを準備しておけば、勝手にWEBサイトへユーザーがアクセスをしてきて商品やサービスを購入してくれます。

 

これこそが、正しいメルマガアフィリエイトの稼ぎ方だと僕は思います。

 

ですので、

 

 

1. 商品(特典、サービス)を作る

2. 仕組み(ステップメール、コンテンツ記事)を作る

3. リストを集める

 

 

この順番こそが、メルマガアフィリエイトを挫折せずに効率的に稼ぐまでの流れです。

 

これを踏まえた上で・・・

今の自分はどの状況にいるのか?

 

ということを把握しておくようにしましょう。

 

商品(サービス)が無いのであれば、まずはそれを作る。

 

勝手に商品が売れる仕組みが無いのであれば、それを作る。

 

すでにポツラポツラ売れているのであれば、あとは集客に力を入れる。

 

これを繰り返していくだけで、メルマガアフィリエイトで大きな成果を出すことは難しくないはずですよ。

今日もご訪問していただきありがとうございます。

今回の記事が参考になっていただけたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

ken
*メールアドレス
*お名前(姓)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ