ネットビジネスでマインド意識する前に理解しておくべき3つの本質

2014-06-21_111233

こんにちは、けんです。

最近は僕の読者の方からも多く『マインドを引き上げるためには~』
というメッセージをいただくのですが、ちょっと言いたいことがあります。

非常に重要なことであるために、
一度最後までお読みいただければ幸いです。

 

 

ネットで10万、20万を月に稼ぐのにマインドは必要ない

『ネットビジネス』とGoogleで検索するだけでも
ずらーと表示される中で気にあるのが『マインド』という言葉。

 

ビジネスで成功するためにはマインドが必要ですとか、
マインドが低ければ稼げません。とか言ってますが
間違いではありませんが、僕は別にそんなもの必要ないと思ってます。

 

はっきり言っておきますが、
ネットビジネスで月収10万円、20万円稼ぐのに
マインドなんてものは必要ありません。

 

そもそもマインドとは?

マインドという言葉を直訳すると
『心』、『精神』、『意識』という言葉になります。

 

すなわち、ビジネスマインドというのは
仕事に対する心構えということです。

 

仕事というのは、そもそも人の悩みを解決する手段を取ることですから、
人の悩みを解決するためにどれだけ考えて意識しているか?で
ビジネスマインドは左右されてきます。

 

この仕事に対する心構えに対しては人それぞれ解釈の違いや
レベルというのが存在するとは思いますが、
あなたが何らかのサービスを受けていて不快に思ったなら
それはサービス提供側がビジネスマインドが足りていないということです。

 

逆に、非常に価値があると思ったのであれば
ビジネスマインドが高いということになります。

 

わかりやすく言うと、
自分がされて嫌なことを平気でしている人というのは
ビジネスマインドが低いということになりますね。

 

マインドというのは意識したり本を読んだりして高まるものではない

非常に多くの方が勘違いされているな~と感じるのですが、
そもそも、マインドなんてものは自己啓発本を読んだり
意識して高まるものではありません。

 

確かに、本を読んだりそれなりに成功者が発している言葉を聞くと、
なんとなく自分も意識が高まったような気がすると思いますが
それは本質的にマインドが高まったとは言えません。

 

マインドというのは、結果論です。
高めようと思って高まるものではないんです。

 

自分の限界を突破したり、
目標を達成したり、
視野が広がったり、
感謝されたりすることによって、
その過程で得た様々な細かいメンタルの変化の経験によって
『結果的に』マインドが高まるものです。

 

ですので、祈ろうが眉間にしわを寄せようが、
笑おうが、泣こうが、怒ろうが、マインドなんてものは高まりません。

 

有言実行、目標完全必達こそが本質的にマインドを高める

ということだと、僕は思っています。

 

『言ったことをちゃんとやる』って当たり前のことですが、
簡単にできないというのも正直なところですよね。

 

今月の目標はこう!
そのためにはこういうことをする!
何故ならば、僕はこうしたいから!

そう言っていても、
中々ちゃんとできないものです。

 

例えば、
『読者にファンになってもらうための独自性の高いサイトを作る!』
と、言っておきながら無料ブログで運営していては世話ないですよね。

 

そうしたいのであれば、
お金がかかるとかかからないとかそういったことは問題ではありません。

 

『うちのラーメンはここらへんでは一番旨い!』
って言っておきながら、大して仕込みをしないのと一緒です。

 

マインドを高めたいと言っている人は幸せ者です

そもそも、本気で稼がなければならない状況の人であれば、
マインドなんてことを考えている暇はありません。

 

ということは、マインドについて考える暇がある人は
既に幸せ者であって、無理して稼がなければならないような
状況ではないということです。

 

絶対に稼がなければならなかったり、絶対に目標を達成しなければ
ならない人であれば、それまでに必要な過程に関しては全くもって
苦ではないと思いますが、そうでは無い人はちょっと耐えなければなりません。

 

自らに責任を与えて、それを着実に達成していくことで
その過程の中で得た経験やメンタルの変化によって、
少しずつマインドが高まっていくのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>