メルマガアフィリエイトで最短で稼ぐ為に必要な3つのポイント

公開日: 2015年02月21日

スクリーンショット 2015-02-21 17.49.09

月収100万円、月収1000万円。そんな夢のような収入を現実にすることができるのがメルマガアフィリエイトですね。

ただ、メルマガアフィリエイトをただ実践すれば稼げるのか?というと、そんなことはなくてしっかりとした稼ぐために必要な道筋というものがあります。

そこで今回は、メルマガアフィリエイトで最短で稼ぐために必要な3つのポイントについて解説していきます。

1、実績があった方が遥かに早く稼げる

 

メルマガアフィリエイトの教材とか実践している人のブログなどでは「まだ実績が無い段階からメルマガを始めた方が良い。」という意見も多くあります。

 

ですが、僕としては実績が無い段階から無理にメルマガを配信する必要は無いと思っています。

 

確かに実績が無い段階からリストを取るということは後々、役に立つことは間違いないですが、そもそもメルマガ読者を実績も何も無い段階から取っても、基本的にそのメルマガは読者に読まれません。

 

読者に読まれないメルマガというのは基本的に意味が無いですよね。

 

それであれば、メルマガ読者を集めるということよりも、まずは実績を作るために何かのノウハウを徹底的に実践した方が遥かに効率的に稼ぐことができます。

 

 

もし、あなたにまだ実績が無いのであればまずはこちらの記事で書かれてあるトレンドアフィリエイトで実績を作ることをオススメします。

 

2、実績作りをしながら実践記ブログとコンテンツを作るようにする

 

僕がもしも、実績が無い状態から何を実践するかというと、実績作りをしながら実践記をブログに書いていきます。

 

 

・トレンドブログ運営1週間の結果

・アクセスが集まった事例

・トレンドブログを実践して1ヶ月経って感じた事

 

 

などなど、自分自身が人から認められるような実績ができるまでの過程を細かくブログに書き綴っていきます。

 

この実践記というのは読者からすると非常に読みたいコンテンツですし、将来的にメルマガアフィリエイトを実践するときに必ず役に立っていくわけです。

 

また、こういったコンテンツがあなたの媒体に無い状態からメルマガをスタートするのと、あらかじめ読者が読んで満足するようなコンテンツがある状態からスタートするのとでは、メルマガアフィリエイトを始めた時には雲泥の差が出てきます。

 

3、集客から始めるというのは非常に勿体ない

 

そして、僕がいろんなメルマガアフィリエイターの人を見ていて思うことなのですが、まだコンテンツが充実していない段階から一生懸命、集客をしている人達が結構います。

 

確かに集客というのはとても重要ですし、読者がある程度集まるまでには時間がかかるので、早い段階から取り組んだ方が良いことは確かなのですが、僕は基本的に集客は最後に力を入れていきます。

 

最初に集客に力を入れていっても、集めた読者に対して魅力的な情報やコンテンツを提供することができなければ、読者が去ってしまうし、何も商品を購入してくれないで終わってしまう可能性が高いからです。

 

それだと、せっかく集めた読者が勿体ないですし、それまでに費やした時間と労力が無駄になってしまいますので、最初からコンテンツ作りに励んだ方がはるかに効率的です。

 

ですので、僕がもしも今からメルマガアフィリエイトを始めるとすると・・・

 

 

1.トレンドアフィリエイトを実践しながら実践記ブログを立ち上げる

2.トレンドアフィリエイトで得た経験や細かい部分をレポート化する

3.ある程度、形になってから読者集めを開始する

 

 

という感じで進めていきますね。

 

まあ、人それぞれやり方は違うとは思いますが、僕のやり方を実践すると・・・

 

目に見えて読者の方から反応をいただくことができます。

 

やっぱり、ブログやメルマガで情報発信をするということは、それを読んでくれる読者の方から何かしらの反応がなかったら嫌ですよね?

 

僕は嫌だったんです。笑

 

自分が一生懸命書いたブログ記事やメルマガの記事を読んで、読者の方がなんらかの反応をしてくれた方が嬉しいですし、人の役に立っているんだという実感を得ることだってできます。

 

そういった、読者の方たちからのレスポンスがモチベーションにつながりますし、役に立つ情報やコンテンツを配信していけば商品をあなたから購入してくれます。

 

まあ、仕事の仕方というのは人それぞれなのですが、僕はそうやって取り組んでいきたかったので、この流れでメルマガを進めていきました。

 

もし、あなたがメルマガで上手くいっていないのであれば、ぜひ、一つの参考にしてみてください。

今日もご訪問していただきありがとうございます。

今回の記事が参考になっていただけたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

ken
*メールアドレス
*お名前(姓)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ