LINEでアフィリエイトする具体的な流れを暴露と僕がやらない理由

公開日: 2014年09月21日
最終更新日: 2015年07月04日

2014-09-21_161544

こんにちは、けんです。

さて今日はちょっと面白いお話をしていこうと思います。

LINEアフィリエイトは最先端でブルーオーシャンだっ!
というような謳い文句をあなたは見かけたことはないですか?

僕も確かにちょっと気にはなっていたんですよね、LINEアフィリエイト。
何が気になっていたのか?というと、ノウハウを提供している人の
反応が僕は気になっていたんです。

そこで今回は、ネットビジネスの流れを網羅しているけんが、
実際にLINEアフィリエイトについて徹底的に解説していきますので
しっかりと読んで腑に落とすようにしてみてください。

現在、最も結果を出しやすいアフィリエイトがこれです。

まずLINEというSNSについて理解しよう

2014 09 21 153201 LINEでアフィリエイトする具体的な流れを暴露と僕がやらない理由

LINEについてはこの記事を読んでいるあなたも実際に使ったことが
あると思いますので、細かい説明は抜きますが基本的に友人通しで
よく遊ぶグループなどを設定して、メールのやり取りをするのが基本ですよね。

特徴としては様々な種類のスタンプを貼り付けることができて
感情の表現を豊かに楽しくやり取りすることができることから、
全世界で愛されているSNSになっています。

 

ただ、このLINEでアフィリエイトするとなると具体的にどうするのか?
ということになりますが、LINE自体は特別に集客力があるわけではなくて、
集まった人が一箇所に集う場所になります。

Skypeとかと一緒ですよね。

 

でも、なぜ『Skypeアフィリエイト』というノウハウを打ち出さないのか?
というと、これは完全にトレンド性の問題です。

LINEはやってないけどSkypeはやっているという人っていないですよね?

その逆はありますが。

 

LINEでアフィリエイトって具体的にどうするの?

これは非常に簡単なことですが、LINEをメルマガの代わりの媒体として使用して
無料オファーや情報商材をアフィリエイトするというものです。

 

 

え?なんでまたLINEで?という話になってきますが、
メルマガは基本的に一方通行で、読者が増えてきたらメールのやり取りを
頻繁に行うことが物理的に難しくなってきますよね?

メルマガ読者が1000人とか5000人とかになってくると、
それをLINEでやるとなると一瞬で充電が切れてしまいます。

 

その逆で、LINEを使ったアフィリエイトは未だ実績が無い人にとっては
メルマガをするよりも濃いコミュニケーションを取りながら読者との関係を
築くことができるツールなわけです。

基本的にアフィリエイト市場は大御所がリストの大部分を所有していますので、
インフォトップなどで新規に出た商品を販売するということであれば
どう考えても勝つことはできません。

そこでLINEアフィリエイトの目的はコミュニケーションという方法で
トップアフィリエイターとの差別化をしていくというものです。

 

結局はDRMをLINEで行うということになるのですが、
実はこの方法はメルマガ読者がまだそんなに多くない情報発信者にとって
非常に有効な手段であることは間違いありません。

まあ、現に僕も最初のプロモーションを行って月収100万円を
突破した時の方法も、登録してくれたメルマガ読者の方と徹底して
コミュニケーションを取っていきましたからね。

 

ただ注意しなければならないLINEで稼ぐ情報について

僕も情報発信者として、ノウハウリサーチはするのですが、
中には非常に価値の無いノウハウを提供している人も存在します。

『LINEで稼ぐ』という謳い文句でセールスをしている割には、
実はLINEでやり取りをして、フェイスブックでアフィリエイトするとか
アプリを半強制的にダウンロードさせてマルチまがいの方法を行ったりとか。

まあ、色んなやり方でとにかくLINEという名前を使って
情報弱者を釣っているわけです。

 

実は僕も某LINEノウハウ実践者の無料講座に参加して、
本当に価値あるノウハウならばお金を払って学ぼうと思ったのですが
僕の実績を話した瞬間に態度が豹変しました(^^;;

『今回は初心者の方向けに実施しているので、申し訳ないですが参加は・・・』

ですって(笑)

 

本当に胸張って公開できるノウハウであれば、こんなことは言いませんよね?
なぜこうも情報弱者をターゲットにして商売をすることしか考えないのかなと思います。

 

迷ったらこれを思い出してください

アフィリエイトなんて実は非常にシンプルなんです。

まあ確かに仕組みを作る作業に関しては、細かい実務があるのは事実ですが、
結局はアフィリエイトで稼ぐにはこの2つしかありません。

 

・広告をクリックしてもらう ⇒ 報酬獲得

・広告から商品を購入してもらう ⇒報酬獲得

 

 

では、この原理原則をLINEでやるのであればどちらになるのか?
ということを考えると、広告クリック型をLINEでやるのはキチガイですよね。

それなら黙ってトレンドアフィリエイトを実践したほうが
遥かに合理的だということがわかります。

 

じゃあ、『広告から商品を購入してもらうか無料オファーに登録してもらう』
方法であるということが容易に予想が付きます。

 

ではそれを具体的にどのようにして成約をあげるのか?
ということは、ノウハウ提供者の肝の部分だとは思いますが、
無料オファーで成約を取るのは、ねずみ講方式が最もてっとり早いでしょうね。

 

まずは情報発信者がかき集めた無料オファー一覧全てを登録してもらい、
ついでに2ティア申請を行った後、

「新たにこのLINEメンバーに招待してください。
そうすれば、次のノウハウを無料で提供します。」

みたいな感じで参加者に行動を促し続けていけば、無料オファーを成約して
稼いでいくことはできるでしょうね。

 

ただ、稼ぐことは出来ても能力は付きませんよね?

 

アフィリエイトの本質的な魅力って、レバレッジをかけて少ない労力で
大きな売上を上げることが目的じゃないですか。

そこの部分のスキルを高めずに一時稼げたとしても、
結局はそんな作業をずーーっとやっていかなければいけないんです。

どこかでメルマガだとかセールスレターのスキルを付けなければ
何時まで経っても労働作業ですよね?

 

僕であればやらないですね(^^;;

 

でも確かにLINEビジネスはこれからの主流であるのは間違いない

まあ、ここまでLINEアフィリエイトのことをボロクソ言ったわけですが、
LINEビジネス自体を否定はしません。

むしろ、LINEビジネスは早いもの勝ちというところがありますね。

実は僕も既にLINEビジネスについて既に動いて準備しているのですが、
ノウハウがまとまったらコンテンツとして提供していこうと思っています。

 

あ、もちろん上記に挙げたような、釣りノウハウなんかじゃなくて、
ちゃんとした方法で、ですよ。

ちょっとこれは僕自身が実績が出来るまで公開するつもりはないので
興味がある人は気長に待ってみてくださいね☆

今日もご訪問していただきありがとうございます。

今回の記事が参考になっていただけたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

ken
*メールアドレス
*お名前(姓)

“LINEでアフィリエイトする具体的な流れを暴露と僕がやらない理由” への1件のフィードバック

  1. Ao より:

    とても参考になりました。ありがとうございます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ