ノウハウコレクターもしかして自分のことかもと思った人が読む記事

2014-08-06_151034

こんにちは、けんです。

最近になって僕のところによく届くメールの中で
登場するフレーズの『ノウハウコレクター』という言葉ですが、
そもそも、誰が作った言葉なんでしょうか。

僕自身、トレンドブログの実践をしている時は
一切こんな言葉を知らずに行動していましたが、
情報発信をはじめてからよく耳にするようになりました。

そこで今回は、ノウハウコレクターについて
僕なりにまとめてみましたので、ぜひご一読ください。

 

 

そもそもノウハウコレクターって何?

まず普通に生活していれば聞くことが無い、
ネット用語の『ノウハウコレクター』ですが
どういう意味なのでしょうか?

直訳すると、
『ノウハウを集める人』という意味ですよね。

 

フィギュアコレクターなんかと一緒じゃないでしょうか。

 

こうやって意味を冷静になって考えてみると、
ノウハウコレクターがいかに意味のない行為であるかがお分かりになるはずです。

 

ノウハウコレクターに当てはまる5つのポイント

では具体的に、どういった人がノウハウコレクターに
当てはまるのか?というのを僕なりにまとめてみました。

 

・情報商材or無料レポートを多く手にするも実践しない

・知識やノウハウはやたら知っているが結果が出ていない

・何かにつけてマインドを気にする

・PCの前に座ってキーボードを叩く時間よりも眺める時間の方が多い

・ネットビジネスについて実際に会話ができる相手がいない

 

では次から実際にこれらについて書いていきますね。

 

情報商材or無料レポートを多く手にするも実践しない

これは典型的なノウハウコレクターの例ですが、
実はこのパターンには2種類のパターンが存在すると思います。

一つは、セールスレターに踊らされて
ひたすら情報商材を購入する人。

もう一つは、業界の情報やノウハウを仕入れて
マーケットリサーチをする為に情報を収集する人です。

 

後者は今は結果が出ていなくても、
後々になって稼げる人へと成長できると思いますが
前者のパターンはちょっと危険ですね。

 

それら2つのパターンを分ける決定的なポイントとしては
”すぐに諦める”ということではないでしょうか。

 

結局は諦めずにチャレンジを続ける人は
ノウハウコレクターにはならないはずです。

 

知識やノウハウはやたら知っているが結果が出ていない

これもノウハウコレクターとして挙げられる要因の一つですが、
実は非常にもったいないな~と思う人も存在します。

それは、ノウハウを正しく理解していない人です。

 

どんなに再現性が高いノウハウだったとしても、
解釈の違いによって情報提供者が伝えたい意図を
間違って受け止めてしまっている人は結果が出ません。

 

これは情報発信者の伝え方が悪いということもありますが、
そこは結局は自己責任ですから、『この人は何を伝えたいんだろう?』と
情報提供者の伝えていることを考えてみる必要があります。

 

何かにつけてマインドを気にする

これはちょっと僕の独断と偏見ですが(笑)、
結果が出ずにノウハウコレクターと呼ばれている人の特徴として
やたらマインドがどうのこうのとか言う人が多いような気がします。

こちらの記事でも書いていますが、
ネットビジネスで月収10万~20万円くらいなら
別にマインドなんて気にしなくても稼げます。

ネットビジネスでマインドを意識する前に理解しておくべき3つの本質

 

マインドというのは意識して向上したり、
鍛えられるようなものではないので
今は別に気にする必要はありません。

それよりも、1日やるべきことをしっかりと
一つ一つクリアしていきましょう。

 

PCの前に座ってキーボードを叩く時間よりも眺める時間の方が多い

ネットビジネスで稼ぐということは、
仕掛ける側に回るということです。

 

ということは、PCの前に座ったら
画面を黙って見るよりもキーボードを叩く作業が多いはずですよね?

 

ブログ記事を更新するにしてもキーボードを叩きますし、
メルマガを書くにしてもキーボードを叩きますし、
コンテンツを作るにしてもキーボードを叩きます。

 

ちょっと冷静になって振り返ってみて欲しいのですが、
あなたはPCの前に座ってからキーボードを叩く時間よりも
画面を眺めている時間の方が多くはないですか?

 

もしそうなっていれば危険信号です。

 

ネットビジネスについて実際に会話ができる相手がいない

これも僕が気付いた一つのポイントなのですが、
ネットビジネスをしている人で結果が出てない人は
リアルでネットビジネスの話をしている人が少ない気がします。

 

これはどういうことかというと、
情報のアウトプットの質が低いことによって
生産性が下がっているということです。

 

PCで検索をすれば色んな情報を手に入れることができますが、
情報を整理するため、もしくはその情報を正しく理解しているかの
確認のためにもアウトプットするという行為は非常に重要です。

 

特に、メルマガやブログで書き続けるという行為よりも、
リアルで人に説明することができるかどうかだけでも
その質は全く違ってきます。

 

実際に人に説明している時に、
『それってどういうこと?』とか『そんなんで稼げるの?』
という様々な質問に対して回答できなければ意味がありませんからね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここに書いてあるポイントを今一度読み返してみていただき、
ノウハウコレクターの本質に触れてみることで
あなたのネットビジネスライフが豊かになることを願います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>