ブログの記事を書くときに抑えておきたい3つのポイント

公開日: 2015年02月25日
最終更新日: 2015年07月08日

スクリーンショット 2015-02-25 13.14.40

あなたはブログの記事を書く時にどんな流れで書きますか?

また、記事を書く流れを実際に人に説明することはできますか?

自分ではいつも通り記事を書いているつもりでも、その記事を読む人にとってはあなたが伝えたいことを、しっかりとつたえられていないかもしれません。

そこで今回は、読者にしっかりとブログ記事を読んでもらうために必要な3つのポイントについてお話ししていきます。

1)ブログ記事は書き出し文で読まれるか決まる

 

ブログ記事の出だしというのは、訪問者に対して何を書いている記事なのかをしっかりと理解してもらう必要があります。

 

訪問者が求めている内容と、書かれてある内容が違えば訪問者にとって無駄に時間を費やさせてしまうことになりますからね。

 

そうならない為にも、どんなことが書かれてあるブログ記事なのかがわかるように簡潔に伝えるようにしたほうがいいです。

 

また、書き出し文でどんなことが書かれているのかが明確になることで、ブログ記事をしっかりと最後まで読んでもらえるというメリットがあります。

 

ブログ記事を最後まで読んでもらうことができれば・・・

 

 

・広告をクリックしてもらえる可能性が増える

・他の記事も読んでもらえる可能性が増える

 

 

このような効果を生むことができますので、ブログ記事の書き出し文を意識するということは非常に重要な要素となってきます。

 

ブログの書き出し文を工夫するためのテクニック

 

では、どのようにしてブログの書き出し文を書いていけば良いのか?ということになりますが、よくあるブログ記事の書き出しとしてはこんな感じだと思います。

 

 

例)

タイトル:夏の甲子園大会2015の注目選手まとめと優勝予想!

○月○日に夏の甲子園大会が始まりますが、今年はどこの高校が優勝を掴み取ることができるのでしょうか?

ちなみに去年の甲子園大会では、○○高が××高と白熱の対戦を繰り広げて見事○○高が優勝を掴み取ることができました。

また、○○高のエースである△△選手が非常に注目を浴びていたのも特徴ですよね。

そこで今回は、2015年の夏の甲子園大会の注目選手と優勝予想について詳しくまとめてみることにしました。

 

 

上記のような書き出し文でも良いのですが、これに加えてもうちょっと工夫した方が検索エンジンで記事タイトルをクリックしてもらえる可能性と、記事を最後まで読んでもらえる可能性が増えてきます。

 

というのも、検索エンジンで実際に検索してみるとこのように表示されますよね?

 

07e820fb638d31b353cc2d4cf71055ba ブログの記事を書くときに抑えておきたい3つのポイント

 

ここの部分で検索するユーザーに対して興味を惹かせるような文章を入れておくことで、記事タイトルをクリックしてもらえやすくなります。

 

例えば、以下のような項目を入れておくと興味を惹かれやすいですね。

 

 

例)

1. 読者に疑問を投げかける

〜あなたは○○を○○することを知っていますか?

2. 具体的な数字を盛り込んでみる

〜○○という結果が出たことに対して・・・

3. 結論から書いていく

〜今回、お話しする内容は○○ということです。

4. 別の話題に便乗して文章を書く

〜最近では、○○ということが話題になっていますが・・・

 

 

このようにして、読者の好奇心をくすぐったり注意を引くようにするだけでも、ブログ記事へ興味を持ってもらえるようにすることができます。

 

なにか、話のネタになりそうなポイントがあれば使っていくようにしましょう。

 

2)スムーズに記事を書きあげる流れについて

 

文章の出だし部分が決まったら、次は実際に記事本文を書いていく流れへと移っていきます。

 

基本的に記事の中身と記事タイトルは合わせなければなりませんので、記事タイトルと記事本文の情報がしっかりと合っている必要があります。

 

ここでもしも、記事タイトルと本文の中身が全然違ってくると、訪問者がすぐに離脱してしまい、Googleからの評価も下がってしまいますので、タイトルと本文の中身を合わせるということはしていきましょう。

 

注!)必ず記事タイトルと本文の情報は統一させる

 

記事をスラスラと書いていくために必要な作業

 

実際に記事ネタを決めてから記事タイトルを決めて、早速、記事本文を書いていこうと思ってもなかなか文章を書き始めることができない・・・

 

こういった悩みを持っている方の特徴としては、記事本文をどのように書いていくのか?ということがイメージできていない傾向にあります。

 

記事の流れがイメージできていなければ実際に文章を書くことは難しいですし、僕も実際に記事を書く前に記事ネタをしっかりとリサーチをして、記事の流れをイメージしてから文章を書くようにしています。

 

 

1. 記事ネタの情報を調べて読者が何を調べたいか考える

2. 読者が検索するであろうキーワードを調べる

3. キーワードの情報を調べながら文章の構成をイメージする

 

 

この過程をしっかりと取り組むことによって、記事作成の難易度がかなり大きく変わってきますので、事前にイメージしながら取り組むようにしてみてください。

 

3)キーワードの出現頻度と自然な文章のバランスを考える

 

ブログ記事というのは人が実際に読んでくれるものですので、自然な流れで文章構成を整えることが重要です。

 

ですが、それと同じくらい重要なこととしては、ブログ記事の中にタイトルに入れたキーワードの出現頻度に関しても同じように重要な項目であることは確かです。

 

いくら訪問者に満足される記事を書いたとしても、検索エンジンが見つけてくれなければ人にブログを読んでもらうことができませんので、キーワードを本文中にいれる数に関してもしっかりと意識するようにしていきましょう。

 

 

誤解 5: 重要なキーワードは、重要なページの重要な場所に出来る限りたくさん詰め込んで、そのページが他のページよりも価値があることに、検索エンジンが気付くようにしたほうがいい

キーワードの乱用 は Google のウェブマスター向けガイドライン違反です。いわゆる「理想的なキーワード密度」は存在しませんので、ユーザーのことを第一に考え、自然なコンテンツを作ることを心掛けましょう。キーワードを頻出させて、ユーザーが文章を読む際の邪魔にならぬよう、気をつけましょう。

引用元:Googleウェブマスター向け公式ブログ

 

 

ただし、このようにGoogle公式ブログでも書かれてある通り、キーワードの乱用というのはスパム扱いを受けてしまうガイドライン違反となります。

 

あまりにも少ないキーワードの数は問題ですが(1000文字中、2個しかキーワードが入っていない等)、文章の流れ的におかしな形でなければ問題ありません。

 

自然な文章を書くときに心がける具体的な行動

 

キーワードの出現回数についての重要性を理解した後は、自然な記事を書いていくための作業へと移るのですが、基本的に記事を書くという行為に関しては裏技も何もありません。

 

とにかく、客観的に書いた記事を読み返すという行為を繰り返すということが重要です。

 

 

1. ある程度ブログ記事を書いてみる

2. ”プレビュー”で構成をチェックする(改行、誤字脱字等のチェック)

3. 実際に声に出して読んでみる

4. 2〜3を繰り返していく

 

 

この4つの流れを何度も繰り返して、自然なブログ記事が完成するまで繰り返すようにしていってください。

 

あなたが客観的に読んでみて、読みやすいと思えたのであれば訪問者も読みやすいと思ってもらえるでしょうし、あなたが読みづらいと思えば、訪問者も読みづらいと思うはずです。

 

ブログ記事を書くときは、とにかく訪問者が読みやすいと思ってもらえるように心がけるようにしてみてください。

今日もご訪問していただきありがとうございます。

今回の記事が参考になっていただけたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

ken
*メールアドレス
*お名前(姓)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ