アフィリエイトの仕組みやそれぞれのメリットデメリットについて

スクリーンショット 2015-02-08 16.21.21

この記事を読んでいるあなたはアフィリエイトの言葉の意味や、どういった方法なのかがわからないかもしれません。

そこでこの記事では、アフィリエイトの意味や概要、アフィリエイトの種類や具体的な方法、それぞれのメリット、デメリットについて詳しく解説していきます。

そもそも、アフィリエイトとは?

アフィリエイトというのは”成功報酬型広告”という意味です。

難しい言葉が並んでいるのでもっとわかりやすく説明すると、”紹介屋”みたいな商売のことを指します。

紹介屋??なにそれ〜?

って思うかもしれませんが、実はあなたの身近なところにも紹介屋はたくさんあります。

 

例えば、”セブンイレブン”。

 

セブンイレブンに行ってみると、たくさんの商品が並んでいますよね?

実際にセブンイレブンが自社で開発した商品というのはごくわずかです。

 

チロルチョコだとか、コカコーラだとか、マイルドセブンとかスーパードライはセブンイレブンが開発した商品ではありません。

他の会社が開発した商品を、セブンイレブンという店舗の中で”紹介”していることで商売が成り立っているわけです。

 

他には、キャバクラのスカウトマンもアフィリエイトと一緒です。

 

新宿スワンという漫画を読んだことがある人であればわかると思いますが、キャバクラのスカウトマンは道端で女性に声をかけて、キャバクラで働いてもらうことが決まったら店から”スカウトバック”をもらえます。

 

それらのことをインターネット上で行うことをアフィリエイトと言います。

 

紹介するだけで収入が得られるメリットとは?

アフィリエイトで稼ぐ”とか”ネットだけで稼ぐ”と聞くと、どうしても胡散臭く聞こえてしまうかもしれませんが、それは実際にアフィリエイトの仕組みを理解していないからだと思います。

僕も最初はネットでお金が稼げるということを知った時は意味不明でした。

でも、仕組みを理解してしまえばなんのこともない、ごく普通の商売であることが分かります。

 

まずはこちらの図を見てください。

2015 02 08 133059 アフィリエイトの仕組みやそれぞれのメリットデメリットについて

 

まず、商品を売りたい企業が色々と考えます。

できるだけ人件費などをかけずに、さらに自分たちが開発した商品を大量に売ることはできないものかと。

そこで考えた結果が、売れた時にだけ紹介料を支払うというシステムです。

 

でも、商品をたくさん売るためには多くの紹介者が必要です。

多くの紹介者がいれば、誰がいくら売ったのか?という管理もしなければなりません。

せっかくたくさん売ってくれた紹介者に、未払いがあったら問題ですからね。

 

そこで企業と紹介者の間で活躍するのがASPという会社です。

 

彼らはそんな企業の悩みを解決するために、紹介者が実際に販売した数を的確に管理して、さらに企業が決めている販売ルールに違反した紹介者の管理まで行っています。

 

また、お客からしてもアフィリエイトというのは非常に役立つのです。

 

普通は企業の宣伝を見てお客は商品を購入しますが、一般人の意見を元に商品を購入したい人だっています。

一般人の感想やレビューの方が、具体的なので本当に役立つものなのか?ということを判断することができますからね。

 

このように、アフィリエイトというのは企業、ASP、アフィリエイターのトライアングルの仕組みによって成り立っています。

 

クリック報酬型とインプレッション報酬型

次に僕らアフィリエイターが使用する広告というのは主に2つに分けられます。

1つは広告がクリックされた時に報酬が支払われる、クリック報酬型。

2つ目は広告から商品が売れた時に報酬が支払われる、インプレッション報酬型。

 

言わずとも想像できると思いますが、クリック報酬型の広告の方が断然稼ぎやすいです。

ブログやサイトに広告を貼り付けてユーザーにクリックされたら報酬が発生するわけですからね。

 

でもその代わり、広告の単価が安いというデメリットもあります。

 

クリック報酬型の広告にはいくつかの種類があるのですが、その中でも最も報酬額が高いと言われているGoogleアドセンスでも1クリックの相場は20円〜30円という金額です。

ということは、クリック報酬型の広告で大きな金額を稼ごうと思えば、”大量のアクセスをサイトやブログに集める必要がある”ということです。

 

一方、インプレッション報酬型の広告はどうなのかというと、1商品あたりの報酬が非常に高いです。

種類としては主に、情報商材と物販の2に分けられるのですが、例えば物販というのはバストアップクリームのようなものです。1件成約すれば4000円前後の報酬が得られます。

また、情報商材というのはさらに高額な報酬単価です。

巷でおなじみの”スピードラーニング”のような英語教材を販売すると、1件あたり1万円以上の報酬が得られるような広告がたくさんあります。(中には10万円前後の報酬の広告もあります。)

 

その代わり、初心者がインプレッション報酬型の広告で稼ごうとなると難しいです。

 

例えば、あなたがサイトやブログでインプレッション報酬型の商品を販売して報酬を得るということであれば、基本的なサイトやブログの作り方や、アクセスを集める方法だとか、商品を魅力的に伝えるための文章術が必要です。

適当に無料で使えるブログに商品を貼り付けて、広告を貼れば稼げるほど甘くはないですからね。

 

なので、最初はクリック報酬型の広告を使ったアフィリエイトで稼ぎながらブログやサイトの作り方を学び、アクセスの集め方や文章能力を付けてからインプレッション報酬型の広告を使ったアフィリエイトへ挑戦していくと良いでしょう。

最終的に自由な生活をしたいのであれば、クリック報酬型の広告を使ったアフィリエイトよりも、インプレッション報酬型の広告を使ったアフィリエイトで取り組んだ方が良いですからね。

 

アフィリエイトのメリットと取り組むことで得られる能力

アフィリエイトをビジネスとしてするメリットというのは何なのか?

 

それは、ビジネス初心者が仮に失敗しても大きな痛手を受けないことです。

 

普通、自分で何かの商売を始めるということであれば、初期投資として数百万円〜数千万円のお金が必要となります。

実際に、僕の彼女も自分でカフェをオープンして経営してますが、初期費用として500万円以上の投資をしました。

これで実際に上手くいけばいいです。投資したお金を回収して、それから売り上げが伸びていけば成功でしょう。

でも、もしも上手くいかなくて、最初に投資をしたお金が全て無駄になってしまったら?

また、退職金や貯金で持っているお金でビジネスを始めたのであればまだ良いですが、銀行などから借りたお金で始めたのであれば、一気に大きな負債を抱えてしまいます。

 

一方、アフィリエイトは始めるのに必要なお金はほぼタダ同然の金額で始められます。

僕のように将来的に自由をつかみたいと思って、ある程度本気で取り組んだとしても数万円もあれば十分でしょう。

 

在庫を抱える必要が無いということも魅力です。

 

これまた僕の彼女の話になりますが、カフェなのであらかじめパンケーキとかランチ用のオカズをあらかじめ仕込んで準備をします。

でも、お客さんが思ったよりも来ない場合は全て廃棄処分です。

じゃあ、お客さんが来てから作ればいいのに・・・って思ってしいがちですが、もしも混んでいる時に料理やケーキが出てくるのが遅かったらお客さんは満足してくれません。

「あそこは料理が出てくるのが遅い店だ。」と思われたことで、また来てくれなくなるかもしれません。

そういったジレンマがあるため、いつでもお客さんが来た時のことを考えてあらかじめ仕込みをするわけです。

 

一方、アフィリエイトは他人の商品を紹介するので在庫の概念がありません。

 

先ほどのように飲食店特有の食材が腐る問題もないですし、在庫を保管するための場所にも困ることはありません。

全てパソコンの中で完結しますので、倉庫を用意したり商品棚を用意する必要も無いわけです。

 

収入の上限が無くて青天井

 

世の中には失敗しにくい儲け話はたくさんあります。

 

例えば、タバコ屋なんかもそのうちの一つですが、一通りの良いところに構えればある程度の収入を得ることができるようになるでしょう。

小さな店舗を構えれば初期費用も安いでしょうし、あれだけ小さな商品なので、そこまで在庫を保管することにも困らないはずです。

でも、タバコ屋ではさすがに収入の上限があります。

どんなに繁盛するタバコ屋でも月100万円とか1000万円の儲けを得るとなると、現実的に厳しいところがあります。

 

一方、アフィリエイトの収入に上限はありません。

 

僕は誰も人を雇わずして、月100万円程度であれば普通に稼げています。

他にも僕の知り合いではアフィリエイトだけで月1000万円以上の収入を得ている人だって存在します。

 

店の前を通った人しか相手にできないような商売とは違って、アフィリエイトはインターネットを使っている1億人をターゲットに商売ができます。

これが頑張りさえすればアフィリエイトが大きく稼ぐことができる理由です。

 

仕組みを作れば放置しても収入を得られる

 

自分が働かずに収入を得るためにはどうすればいいでしょうか。

 

・不動産を購入して家賃収入?

・ビジネスオーナーになって社長を雇う?

・歌手デビューして猛烈なヒットを出して印税収入?

 

確かに、どれも成功すれば自分が働かずに勝手に収入が入ってくる手法です。

でも、現実的に今の自分ができる方法でしょうか?僕はどれも現実的には無理でした。

 

一方、アフィリエイトは仕組みさえ作れば放置して収入が得られます。

 

あなたが寝ている時も、遊んでいる時も、ご飯を食べている時もあらかじめ作ったシステムが勝手に働いてくれて、気付いたらお金を稼いでいるという状態が実現できます。

もちろん、ある程度の努力は必要ですがミリオンセラーの歌手になったり、大きな企業のビジネスオーナーになったり、ビルのオーナーになるよりはよほど現実的です。

 

一生、食っていけるビジネススキル

 

最後にアフィリエイトをすることで全てのビジネスにおいて役立つスキルが 身につきます。

 

・ネットで見込み客を集めるスキル

・売れる文章を書くスキル

・見やすいサイトやブログを作るスキル

・売れる商品や売れない商品を見抜くスキル

・正しい情報収集をすることができるスキル

 

などなど、一度身につけてしまえば、今後一切、食いっぱぐれないような能力を身につけることができるのもアフィリエイトを取り組む魅力の一つです。

 

これらの能力が付いてから、企業のホームページなどを見てみると、大体の戦略などが全て分かります。

また、インターネット業者に負けないような能力を身につけることができますので、企業や店舗のホームページ制作や集客コンサルなどもすることができるようになります。

 

で、アフィリエイトは簡単に稼げるのか?

 

手軽に始めることができることと、簡単に稼げることは一緒ではありません。

まずはこちらの画像を見てみてください。

8b79e4b3cf3d88ebe2976ad6b590f553 アフィリエイトの仕組みやそれぞれのメリットデメリットについて

こちらの表は「日本アフィリエイト協会」という機関が発表したデータなのですが、2014年のアフィリエイト収入を1000人の人を対象に調査した結果です。

10人いたら月5000円以上稼げている人はわずか1人。逆に月1000円すら稼げていない人は7人以上いるという計算になります。

つまり、アフィリエイトでまともな金額を稼ぐとなると、それほど簡単なことではありません。

ネットサーフィンをしていると、たまにブログに適当に商品を並べて紹介している人がいるのですが、ああいったブログのほとんどは稼げていないと思っていただいて結構です。

 

じゃあ、アフィリエイトは稼げないのか?

 

というと、そんなこともありません。

 

実際に月に100万円以上の収入を得ている人もゴロゴロいるわけです。

 

その違いは何なのか?というと、結局は”本業の仕事並みに取り組んでいるかどうか”ということに尽きます。

僕も本気で取り組もうと思った2014年の2月に、「3ヶ月頑張って20万円くらい稼げたらいいな。」と思っていたら、1ヶ月半で20万円稼げました。

さらに、その3ヶ月後には月100万円を稼げるようになって拍子抜けした記憶があります。

 

また、僕だけではなく、2014年にやり方を教えることを30名募集して教えたところ、16名の方が4ヶ月以内に月10万円以上稼ぐことに成功しています。

関連記事:2014年コンサル生指導実績一覧 (掲載の許可を得た人のみ載せています。)

 

正しいノウハウを実践して最短距離を突き進んでいけば、今からでもアフィリエイトで稼ぐことは全然できます。

ある程度の仕組みが出来上がれば、普通に会社員として働くよりも遥かに高い時給を得られるようになるでしょうね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>