アフィリエイトの種類とそれぞれの特徴について

公開日: 2015年02月08日
最終更新日: 2015年02月10日

スクリーンショット 2015-02-08 17.46.18

アフィリエイトと言っても、実際に結果を出すために開発されたノウハウにはいくつかのパターンが存在します

なので、あなたがこれからアフィリエイトを実践するうえで、あらかじめ向き不向きを理解しておくことが早くから結果を出すためのポイントでしょう。

それでは、それぞれアフィリエイトの種類について解説していきます。

サイトアフィリエイトとは?

 

まず代表的なのが”サイトアフィリエイト”ですが、文字通り作成したサイトに広告を貼り付けて、アクセスを集めて商品を紹介するというノウハウです。

 

そのサイトアフィリエイトにもやり方が2つに分かれてくるのですが、こちらの記事でも説明している通り、クリック報酬型広告を使ったサイトアフィリエイトと、インプレッション報酬型広告を使ったサイトアフィリエイトです。

 

一昔前のサイトアフィリエイトの方法というのは、大量のサイトを量産して作り、それで大きく稼ぐという手法が王道なやり方でした。

ですが時代が進み、今の検索エンジンを牛耳っているGoogleが今までとルールを変えました。

価値の無いウェブサイトは排除する

という方針です。

 

これによって、今までは適当なサイトを量産していた人たちが軒並み稼げなくなってしまい、今ではサイトを大量に量産するという手法は化石化しつつあります。

 

そこで今では、一つのサイトやブログをしっかりと作り込んで、ネットユーザーやGoogleに好かれるように考えて作る方法が王道となっていますね。

ちなみにサイトアフィリエイトの中の、トレンドアフィリエイトという手法が今最も初心者にとって再現性が高いと言われている手法です。

 

実際に僕が教えて多くの人たちが結果を出している手法というのもトレンドアフィリエイトです。

 

PPCアフィリエイトとは?

 

次に広告費を支払って、手っ取り早くアクセスを集めるというPPCアフィリエイトという手法もあります。

 

PPCアフィリエイトはPPC広告というGoogleやYahoo!の検索結果の目立つ場所に、お金を支払うことで他のウェブサイトを出し抜いて強制的にサイトのURLを表示させる方法です。

例えば、下の画像のような赤枠の部分です。

2015 02 08 165058 600x394 アフィリエイトの種類とそれぞれの特徴について

2015 02 08 165131 571x400 アフィリエイトの種類とそれぞれの特徴について

知らない人もいるとは思いますが、赤枠の部分をよーく見ていると”広告”と書いてあります。

 

仕組みとしては、ここの部分に表示されているサイトのリンクをクリックすると広告主に対して課金されるという仕組みです。

ここにあらかじめ作っておいたアフィリエイトサイトを出稿することで、アクセスが集まり報酬を得ることができるという方法ですね。

 

なので、サイトを作っておいて”既にいくらのアクセスが集まったらいくら稼げる”という指標が出ているのであれば、PPC広告を出してサイトにアクセスを集めれば良いと思います。

でもサイトにアクセスを集めても利益が見込めないのであれば辞めたほうが賢明ですね。

売り上げよりも広告費がかかってしまうと赤字になってしまうわけですから。

 

YouTubeアフィリエイトとは?

 

ユーチューバーという言葉が最近では浸透してきていますが、その名の通り彼らはYouTubeを媒体にしてアフィリエイトをしている人たちです。

 

YouTubeは動画を作って投稿して、表示回数によって広告費がYouTubeから支払われるという仕組みとなっているのですが、当然、面白くない動画であれば全く再生数が増えずに稼げません。

また、YouTubeは非常に著作権が厳しいので、他人の動画を勝手に使ったりするとすぐにアカウントが停止となってしまいます。

 

映像制作に対して自信があるのであればYouTubeで稼ぐこともできるでしょうが、そういった自信が無いのであれば、正直かなり敷居の高い手法だと思っていただいて結構です。

 

では、最も自由を得るために合理的なアフィリエイトとは?

 

大きく稼ぐことができて、さらに安定して長期的に稼ぐことができる手法が僕が”情報発信型アフィリエイト”と呼んでいる手法です。

巷ではブログ・メルマガアフィリエイトと呼ばれているかもしれません。

方法としては、ブログやメルマガで読者を集めて、商品を紹介して稼いでいくという手法です。

これを極めれば月100万円くらいであれば楽勝で稼ぐことができるようになります。

また、それだけではなくて、システム化をすることができるので自動で収益を発生するようにすることも可能です。

なので、僕はアフィリエイトをやるのであれば最終的には情報発信型アフィリエイトを取り組んでいくことをお勧めします。

詳しくはこちらで解説していますので、参考にしてみてください。

 

 

今日もご訪問していただきありがとうございます。

今回の記事が参考になっていただけたらSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

ken
*メールアドレス
*お名前(姓)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ