ネットビジネスを正しく実践することで得られる未来

スクリーンショット 2015-02-08 12.15.06

このページを読んでいるあなたは、もしかするとネットビジネスについて稼ぐ手段が全くわからないかもしれませんし、自分でビジネスをするということについてイメージが湧かないかもしれません。

余裕ある資金が無かったり、ビジネスを立ち上げるために必要な知識が無いかもしれませんし、パソコンやインターネットの知識が無いかもしれません。

周りにネットで稼いでいる頼れる人がいなくてリアルな実感を味わうことができないかもしれませんし、パソコンに向き合っている姿を見られて、家族や友人に馬鹿にされるかもしれません。

というか、そもそも胡散臭すぎて”ネット上で非常識な金額を稼いで暮らす”という、見知らぬ世界へ足を一歩踏み出す勇気が無いかもしれません。

 

僕も同じでした

むしろ、このページを読んでいるあなたよりも酷い状況だったかもしれません。

 

家族が癌で倒れたことをきっかけに、今まで勤めていた会社を見切り発車で辞めて事実上、”無職”の状態からスタートしたわけですから。

 

それでも”たった一年間”、多少の努力をしてきたことで今では会社勤めをすることなく、自由な生活を送ることができています。

 

僕とあなたとでは”自由”の定義が違うかもしれませんが、今の僕はお金のために朝から晩まで必死になって働く必要がありません。

どういうことなのかというと、

 

ネットで作った仕組みが僕の代わりにお金を稼いでくれます。

なので、僕は毎朝、バスに乗って電車に乗り継いで、降りてから会社へ行って、タイムカードを押して、朝礼をして、上司に日報を提出するような生活を送っていません。

 

肩がこったら平日の朝っぱらから健康ランドに行ってお風呂に入りに行きますし、友人と飲んで二日酔いになったら平気で昼過ぎまで寝てスッキリしてから起きますし、旅行に行きたくなったらフラッと飛行機に乗って行きたいところへ飛んでいきます。

自分の生活は自分で全てルールを決めて生活しています。

 

会社や上司の命令に従う必要がありませんし、連休という概念もありません。一ヶ月の休みが少ないとか8時間労働とか無賃金残業などで頭をかかえることもありません。

 

また、自分で作った仕組みなので仕事上の人間関係のトラブルがありません。

システムが働いてくれるので、人が犯すようなミスをすることがありません。

忠実に僕が設定した通りに365日、24時間、一生懸命働いてくれます。

 

転勤に悩まされたり、寒暑に悩まされることがありません。

僕は身内の病気の関係で地元を離れるわけにはいかなかったのですが、会社の都合で転勤をする必要がありません。

それに、パソコンひとつで仕事を完結することができますので、炎天下の中で外で汗だくで働く必要もありませんし、ニット帽に耳当て、ダウンジャケットにモモヒキを履いて寒い中仕事をする必要もありません。

 

彼女と行った旅行先のホテルで書いたメール一通で100万円以上を売り上げたこともあります。

旅行先で数十万円のお金を使っても、それ以上の収入が勝手に僕の銀行口座に入金されてきます。

 

自分がやりたくないことをやる必要がありません。

自分が関わりたくない人と無理をして関係を持つ必要がありません。

身を削るような仕事を無理にする必要がありません。

仕事のために自分の時間を犠牲にする必要がありません。

 

自分にとって嫌なことをする必要がないということは、最も自分らしく生きていくことができるということです。

 

僕は身体を動かすことやゲームも好きなので、朝起きてスポーツジムへ直行したり、すぐにPS3の電源を入れてゲームをすることもできます。

 

僕が1日なにをやっていようが、ネットの仕組みが僕の代わりに一生懸命働いてくれるので、僕は仕事のために何かをしなければならないということがありません。

 

自分の人生の主人公は自分自身です。

子供や奥さんと離れ離れで生活をしなければならないようなことだとか、時間が無いことで自分が本当にやりたいことを諦めなければならないような、まるで自分が誰かの人生の脇役のような生き方をする必要がありません。

 

自分の人生は自分のものですし、自分だけの物語を作っていく主人公です。

 

なので、僕は自分がやりたいと思うことを最優先に取り組みますので、大切な人との時間を犠牲にするような生活は送りませんし、友達に誘われたらいつでも好きな時に遊びます。

 

お金の自由、時間の自由、心の自由・・・

 

はじめは生活できるレベルの収入が得られたら良いなと思っていた程度ですが、今ではこれだけの収入を得られるようになりました。

 

『そんなウマい話あるわけが無い!』

 

と思ってしまうでしょうが、実際に僕の知り合いでは月100万円以上稼いで好き勝手に生活している人はゴロゴロいます。

 

僕自身、彼らと同じような生活になってくると、同じような生活をしている人達との関わり合いが多くなってきました。

 

元々どんな人だったのか聞いてみても、普通の人です。

 

居酒屋でアルバイトをしていたり

サラリーマンとして普通に働いていたり

大学に通って勉強をしていたり

 

別に特別な知識も、お金も、人脈も、実績も無いような人たちばかりです。

 

なぜ、僕や彼らがこうやって生活ができるのかというと、インターネットが発達したことです。

 

今では日本だけでもネット人口は1億人を超えます。

インターネットというツールを使って、あなたの商品が1億人に販売することができる可能性があるということです。

 

僕は北海道に住んでいますが、地元でラーメン屋を開いたらこうはいかないでしょう。

せいぜい、近所に住んでいる数十人〜数百人を相手にする程度のものです。

それに、よほど味が美味しくて口コミが広まらない限り、沖縄に住んでいる人が北海道までラーメンを食べに来ることなんて、まずありえません。

でも、あなたが紹介する商品に魅力を感じた人がいれば、どこに住んでいようが、国籍が違ったとしても、日本語が読めさえすれば購入してくれるでしょう。

 

僕は英語の読み書きはできませんが、英語に強ければ世界を相手にビジネスをすることだって可能です。

なので、今の時代では世界中にこういったインターネットを使って、個人レベルのビジネスを行い、自由な生活を送っている人たちが存在します。

 

戦後、貧しい日本の時代は終わりました。

そもそも”1日8時間労働”というのは今から遡ること70年以上も前の1947年。

当時、日本が戦争に負けて辺り一面、焼け野原だった頃です。(僕の両親は70過ぎなので、当時の話を子供の頃によく聞かされました。)

 

日本という国の存続が危険な状態だったわけですから、国民が一丸となって復興を頑張ろう!というのが8時間労働が設けられた本当の理由です。

確かに、そのためには色んなことをやっていかなければならないわけです。

食料の確保から、建物の建築、道路の整備に、生活するためのエネルギーの確保。

僕の祖父、祖母の世代の人たちが必死で頑張ってきてくれたからこそ、今のような世界で2番目の経済大国へと成長したわけです。

 

では、先人たちの頑張りを美学として同じように毎日8時間以上働いて生きるべきか?それとも彼らが整備してくれた環境を活用して自分らしく生きるべきか?

 

もしも今、僕の祖父や祖母が生きていれば必ず後者を勧めてくるでしょう。

 

そして、僕は彼らができなかったことをすることこそが、本当の意味でのおじいちゃん孝行、おばあちゃん孝行だと考えています。

 

ただ、もちろん・・・

これまでにお話ししたような自由な生活を送れるようになるためには、それなりの努力を続けていく必要があります。

 

僕だって最初は寝る間も惜しんで作業をしていた時期もあります。

知り合いで今でこそ自由に生活している人たちも、何もしないで自由になれた人はいません。

どんなに早くても数ヶ月から1年くらいは皆、必死に頑張っています。

 

もちろんそれも、ただ闇雲に頑張るのではなく、正しい方法で学んだ結果です。

 

どんなに頑張っても方向が違っていれば、目的地にたどり着くことができません。

 

あなたがもしも、ネットビジネスで自由を手に入れたいと本気で思っているのであれば、表面的な作業に目を向けていてはいけません。

多くの人が稼げずに挫折してしまうのは、目標を立てて計画を立てず、ただ闇雲に簡単に稼げそうな方法ばかり追い求めてしまうからです。

 

あなたが遠回りしないように道筋を全てまとめました。

この下にあなたがこれからネットビジネスを取り組んでから遠回りしないように、最低限必要な知識と自由を得るための道筋についてまとめさせていただきました。

 

それなりの量があるので全てに目を通すのが大変だとは思いますが、これから遠回りして失敗しないように全てに目を通しておいてください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>